転職をするときにいつでも戻ってきてと言われた話|転職時の心得と。

転職をするときにいつでも戻ってきてねと言われたのでその話と退職時の心得を。

言われるとやはり嬉しいので去り際も大切に

おそらくは建前というか、他にかける言葉がなかっただけかもしれない。

でもやっぱり、いつでも戻ってきて、と言われるのは嬉しかった。

この職場で、この会社で、時には理不尽な思いもして、不条理だと感じて、時には迷惑をかけて、それでもそれなりに頑張って来た甲斐があったって思えた瞬間だった。

退職が決まってから、残りの仕事や引き継ぎにモチベーションを保てない人もいるかと思いますが、最後の印象で同僚から温かく言葉をもらえなくなる可能性もあります。

社会人として去り際もしっかりこなし、同僚に温かく送り出してもらえるよう、最後の努力をしましょう。

退職時にもらった言葉は次の職場でのモチベーションに

前職の退職時に同僚から送ってもらった言葉は、次の職場でのモチベーションになります。

転職してからも必ず失敗したり、仕事が辛いと感じることがあるはずです。

自分の経験したことは、そうゆう心が折れそうなときにつなぎとめてくれるたものの一つが、前職の同僚からかけてもらった言葉でした。

新しい職場で自分の能力を発揮して、活躍することが、前の職場への恩返しになると信じてかんばることができました。

みんさんが同じ感情を持つかはわかりませんが、私の場合は前の職場からもらった温かい言葉が非常に支えになったので、もし転職する時に少しでも不安がある場合は、退職する職場でも最後まで全力を尽くし、前の職場からも応援してもらえるような形で転職するのが不安を打ち消す要素の一つになるかもしれません。

転職をしても前職が全く関係なくなることは少ない

複数回転職している経験からですが、転職しても前職の会社と全く関係なくなるということはあまりないと感じています。

同じ業界、近い業界への転職ではもちろんのこと、全く関係ない業界に転職したと思っていてもふとしたところで前の会社と関連があったり、直接の関連はなくても前職の会社の知識やノウハウが役に立つような場面というは、たまにあったりします。

退職間際の会社でも、次の職場で何かしらの関連があるかもしれないと思い、この会社で最後にやることも必ず次の職場で何かしら役に立つというようなこころがけを持って最後まで勤め上げるのが必ず財産になるでしょう。

そして退職時に最後まで全力で仕事をした結果、同僚からはまたいつでも戻ってきてねというような温かい言葉がもらえたのかなと思います。

すでに転職が決まり、新しい職場が気になっている人、転職を進めている人、様々だと思いますが、今の職場でも手を抜くことなく、最後まで勤め上げることも忘れないようにしてください。

そうすれば、去り際に同僚からの温かい言葉というプレゼントがあるかもしれません。

コメント