久保建英のすごさとプレースタイルの特徴|バルサ上がりの久保君の評価は

サッカー・フットサル

バルサユース出身でFC東京所属の久保建英選手についてまとめています。

久保建英は何歳?日本のメッシ?

2001年6月4日生まれの左利き。2019年3月時点では17歳です。

よく日本のメッシなどとも評される久保選手。

実はあまり知られませんが、川崎フロンターレの下部組織にいた時期もあります。

久保建英のプレースタイルはメッシと少し異なる|特徴はボールタッチとパス

久保選手はメッシと似ている部分(小柄で左利き)もありますが、プレースタイルは少し異なります。

久保選手の特徴の一つにボールタッチがあります。ボールの扱いにはかなり幅があり、このレベルはJリーガーの中でもすでにトップクラスと言えるでしょう。

ただ、ドリブルの際はメッシと少し異なり、軸足を通すフェイトやシザース、足の意外な部分を使ったトラップなど結構ガチャガチャしたことをやっている印象。

一方メッシは空踏みやダブルタッチ、タータンなどで割と無駄なく相手を抜く。シザースとかもほとんどやらない。最短で相手を抜く感じ。

ただ、パスに関しては久保選手はかなり意外性のあるパス、頭脳的なパスを出すことができます。精度がイマイチの時もありますが、パスのアイディアという点ではメッシにも勝りうる能力を持っているじゃないかと思います(もちろもメッシもパスはものすごく上手いですが。)。

2019年は久保選手飛躍の年に

昨年まではJ1で通用してないという評価もありましたが、2019年シーズンはFC東京でスタメンで使われるようになりました。

去年との違いは、体の強さとディフェンスがかなり向上している印象。簡単に吹っ飛ばされることもなくなりましたし、ディフェンス面でボールを奪取するシーンも見られるようになりました。

久保に対してやや評価の厳しかった長谷川監督が割と手放しで褒めているので、実際にプレーが向上しているのだと思います。

youtubeでも2019/2/23の開幕節の動画がありますが、今までの「上手い」に「強い」が加わった印象。

久保建英の現在の評価は

日本代表にという声もありますが、もう少し慎重に見極めてからでも遅くないでしょう。

何と言ってもまだ17歳です。

サッカーでは20代前半でも若くないと言われますが、10代や20代前半からバリバリ活躍できるのはほんの一部の選手です。

久保選手に期待がかかるのも理解できますが、さすがにもう数年は焦らず成長してくれればと思います。

ただ、J1ではすでに十分戦力になる選手であることは、間違いなさそうです。監督の評価も悪くない。いずれは日本代表も見えてくるでしょう。

久保建英の日本代表でのポジションとライバルは

久保選手がもし日本代表に選ばれたら。

サッカーファンなら想像しますよね。ポジションは右のウイング、右のハーフが今のところ最適でしょうか。

ライバルになるのは当然、堂安律選手です。

堂安選手も若いので、堂安選手が今以上の選手として大成すれば、そのポジションに久保選手が入る隙がなくなるかもしれません。それはそれで嬉しいですね。

ただ、堂安選手と久保選手はまたそれぞれプレースタイルが異なります。

堂安選手はよりゴリゴリなプレーが多い印象、フィジカルも身長の割には強い方です。

なので、場合によっては両選手を併用することもありだと思います。将来の日本代表が本当に楽しみですね。

久保建英はバルサのカンテラに復帰するべきか

戻れるなら戻った方が良いという意見がほとんどですよね。

前日も真意のほどはともかく、18歳を機に戻るというような報道も出たり、それはフェイクという話があったり。。。

もちろんレベルの高い海外でプレーするのは選手として向上するのに必須と言えるでしょう。

ただ、18歳のタイミングで、トップチームじゃないところに移籍するのが必ずしも正解なのかという疑問はあります。バルサBがFC東京よりも成長できるとかは必ずしも言えないのではないでしょうか。

FC東京で試合に出続ければ、イニエスタ、ビジャ、トーレスなどとも対戦があるし、何よりトップのカテゴリーでの経験は日本といえどかなりの経験値となるはずです。

バルサのトップチームにいける保証があるなら話は別ですが、必ずしもバルサの下部組織に急いで戻る必要もないのではと最近の久保選手を見ていると思うところです。

もちろん、バルサに限らずトップチームでの海外オファーがきたら前向きに考えて欲しいですけどね。

生の久保建英選手を見に行きましょう

さて、これだけの逸材です。

遅かれ早かれ、海外にいくことはほぼ間違いないでしょう。

日本で見れるのはもしかしたら今年が最後かもしれません。

是非味スタまで足を運んで生の久保選手を観戦しに行きましょう。

 

コメント